コミュニケーション方法

”本音が言えない自分”を根本的に変える練習

<本音が言えないという悩み>

  • 職場で同僚に馴染めない
  • 頼れない、お願いできない
  • 人の話は聞き役になることが多い
  • みんなの輪の中に入れない
  • 親友と呼べる人がいない
  • 嫌なことや出来ないことも断れない

このように本音が言えずに孤独を感じたり、葛藤に苦しむ人は多くいます。

本音が言えないというのは、今に始まったことではないと思います。

おそらく、子供の頃や学生時代からずっと本音が言えないという人が多いのではないでしょうか?

長年の癖を変える為には、トレーニングが必要になってきます。

この記事では、今まで本音が言えずに苦しんできた人が、根本的に変わる為の方法を4ステップでご紹介します。

この記事の内容を実践して頂くことで、本音を言える自分に変わることができるでしょう。

ぜひ最後まで読んでみてください。

人間関係の悩みは、本音が言えないこと

人間関係のほとんどの悩みは、「本音が言えないこと」にあります。

私たちは、本音が言えないことで、本来の自分らしくいられない為に、苦しくなるのです。

ここで、ある人が仰った言葉をご紹介します。


「言えない」は「癒えない」

 

本音が言えないということは、心が癒えないということを意味しています。

逆に、本音を言うことができれば、心は癒されるのです。

本音が言えたら、どれだけ人間関係が楽になり、どれだけ自分らしく伸び伸びと生きることができるでしょうか。

とはいえ、もちろん、


本音と建前があっていい

 

私たちは本音と建前の狭間で、時に本音で、時に建前で人と関わることが自然です。

それは相手を傷つけたくないとか、嫌われたくないとか色んな思惑があるからこそ、建前が出てきます。

要は、本音を言うにしても、建前の付き合いでも、自分が納得しているかどうかがポイントになります。

ところが、多くの人が、不本意ながらも、我慢して本音を言うことができません。

なぜ、私たちは本音を言うことができないのでしょうか?

次項で詳しくご紹介します。

本音が言えない4つの恐怖

本音が言えないには、必ず理由があります。

それは本音を言うことが「怖い」からです。「怖い」から、言えないのです。

では、本音が言えない4つの恐怖をみていきましょう。

相手が怖い

相手に近づくのが怖い、というケースです。男の人が怖い。親密になるのが怖い。

自分から壁をつくって近づいて欲しくないオーラを出す。幼い頃に、親に近づくと怖い体験をしていることがあります。

  • 本音を言うと、10倍になって返って来る
  • 本音を言うと、怒られる
  • 本音を言うと、相手が不機嫌になる
  • そもそも、私は思ったことを言ってはいけない
  • 相手の言うことを聞くのが当たり前

このように言われる人が多いです。

嫌われる恐怖

本音を言うと、嫌われるんじゃないか、という恐怖を感じてしまう。

  • 本音を言うと、変な人と思われる
  • 本音を言うと、バカにされる
  • 本音を言うと、軽蔑される
  • 本音を言うと、迷惑を掛ける
  • 本音を言うと、嫌われる

このような思い込みがある人があると本音が言えないですね。

失敗する恐怖

自分の意見を言うことで、失敗することが怖いというケース。

失敗することで、やっぱり自分はダメな人間なんだと、ダメな自分に直面するのが怖いという側面があります。

  • 自分の意見で仕事で失敗するのが怖い
  • 失敗して責められるのが怖い
  • 自分の意見に自信がない
  • 自分の意見に責任を持つのが嫌

完璧主義な人にあるパターンです。

見捨てられる恐怖

嫌われる恐怖が一層強くなると、見捨てられる恐怖が刺激されるようです。

  • 本音を言うことで、見捨てられる
  • 見捨てられて孤独になる
  • 本音を言うことで、関係が終わる

見捨てられる恐怖は、一人になる恐怖と言ってもいいかもしれません。

それはまさに絶望と同じです。

だからこそ、本音が言えず、相手に合わせてしまうのです。

本音が言えないことの弊害

冒頭にも少し書きましたが、本音が言えないとどうなるのか?

常にストレス状態

本音が言えないということは、心の中で怒っていたり、悲しかったりという感情を溜め込んでしまいます。

それは相手が目の前にいない時でも、ストレス抱えていることになります。

・あの時、相手から言われた言葉を引きずって考えては落ち込む。

・また相手から嫌な事を言われたらどうしようと不安になる。

要は四六時中、ストレス状態なわけです。人生の大半をストレス状態で過ごしているのです。

それは人生が苦痛になっても無理はないでしょう。

身体への負担

四六時中、ストレス状態が続けば、心も身体も疲れるのは当然です。

頭痛や腰痛、肩こり、倦怠感、食欲不振、不眠、そういった身体に症状が出る人もいるでしょう。

呼吸器官、内臓にもストレスがかかります。

本音が言えず、常にストレス状態だと、身体が健康な状態とは言えません。

身体が資本というように、身体が健康でなければ、何事も始まりません。

本音を言うことで、身体も健康に過ごしたいものですね。

感情がマヒする

自分の意見や感情を表現することが少ないと、自分の意見や感情がわからなくなるのです。

自分が何をしたいのかがわからない。

特に「嬉しい、楽しい」というポジティブな感情がわからなくなります。


何となく生きている人

 

と言うことになってしまいます。

人間らしく生きるとは、喜怒哀楽の感情を感じて生きることです。

それが生きる喜びです。

本音が言えるようになる4ステップ

ここまで、本音が言えない原因(4つの恐怖)と、その弊害について紹介しました。

ここからは、本音が言えるようになる為の方法を5ステップでご紹介していきます。


本音が言えない人に、「頑張って本音を言ってください」とアドバイスしても、できるはずがありません。

だって、今まで本音を言えない人生を送ってきたのだから。

いきなり本音を言うというのは、相当ハードルが高いのです。

なので、ステップを踏みながら、徐々に本音が言えるように進めていくことが必要です。

①本音を言えない自分を許す

そもそもの話ですが、本音が言えない自分がダメだと思っていませんか?

まずスタート時点で、自分をフラットな状態にする必要があります。

それは、


・本音が言えないのは仕方ない

・本音が言えないけど、別にダメではない

 

このように、本音が言えない自分を許してあげましょう。

言えないものは言えない。それが「今の自分」ということを認めるのです。

できない自分を認めるのは、なかなか苦しいことです。

しかし、自分がフラットな状態にならないと次に進めないので、根気強く、自分を認め受け入れてあげてください。

②自分の本音を知る

次に、本音を言う前に、そもそも自分の本音に気づくことが必要になります。

それは、喜怒哀楽です。

<プラスの感情>

  • 嬉しい
  • 楽しい
  • 安心する
  • 幸せ
  • 落ち着く
  • 満足する
  • ワクワクする
  • 美味しい
  • 綺麗だ
  • 良い匂い
  • 心地よい音楽

<マイナスの感情>

  • 悲しい
  • 不安
  • 腹が立つ
  • 寂しい
  • うらやましい
  • 嫌だ
  • がっかりする
  • 怖い
  • 恥ずかしい
  • 不味い
  • 臭い
  • うるさい

こういった喜怒哀楽をしっかりと感じることが必要になります。

③本音が言えない人から離れる

時々、次のように言われる人もいます。

  • みんなと仲良くしないといけない
  • みんなの輪の中に入りたい
  • 誰とでも喋れるようになりたい

確かにそれができるに越したことはないですが、ハッキリ言うと、現実的に無理です。

子どもの頃から、「みんなと仲良くしようね」って教育されていることが大きいように思います。

でも、無理です。それに、

  • 本当に嫌いな人と喋りたいですか?
  • 本当にみんなの輪の中に入りたいですか?
  • 本当に誰とでも喋りたいですか?

おそらくNoだと思う。

僕がよく言うのは、「嫌いな人とも話せるようになりたい」というのは、「嫌いなゴキブリを好きになろう」としてるのと一緒ですよ。

どう頑張っても、ゴキブリを好きにはなれないでしょ!?

それくらい無理なことをしようとしているってことに気づいてください。

だから、嫌いな人と無理に関わろうとしないことをおススメします。

④安心して本音が言える人にアプローチ

嫌いな人から離れたら、逆に安心して本音が言える人に話しかけるようにしましょう。

本音が言えないのは、「怖い」からと述べました。

ということは、怖くない人から、少しずつ本音を言っていくようにすればいいのです。

よくある例としては、

  • 職場の話しやすい人
  • 習い事など一緒にしている友人
  • 学生時代の友人
  • 兄弟姉妹
  • 恋人、配偶者
  • 家族

このような人に、次のことをしてみてください。

  • 雑談する
  • 相手の目を見る
  • 褒める
  • 感謝を伝える
  • 最近の自分を話す
  • 愚痴を言う
  • 相手に興味を持って質問する
  • 嬉しい、悲しい等の感情表現する
  • お茶やランチに誘う
  • 自分の弱い部分を話す

もし全く話せそうな人がいない場合。

コンビニの店員やレストランの店員さん等に、

  • 挨拶をする
  • 世間話をする
  • 目を見て話す
  • 何でもいいので、一言話す

ということをやってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

本音が言えないあなたでも、少しずつ本音が言えるようなるための4ステップをご紹介しました。

何となくイメージは持って頂けたでしょうか?

本音が言えないのは、恐怖があるからです。

その恐怖を乗り越える為に、以下の順番で取り組んでみてください。

  1. 本音を話せない自分を認める
  2. 自分の本音に気づく
  3. 嫌いな人と関わらない
  4. 安心して話せる人に話す

この4ステップを実践していくことで、少しずつ本音が言える自分になれることでしょう。


心の悩み専門LINE@ 心が軽くなるプレゼント進呈

【LINE@登録プレゼント】

LINE@にお友達登録して頂いた方に、感謝の気持ちを込めて、特別な3つの動画をプレゼントいたします。

【特典動画①
①超簡単!一瞬で辛い気持ちが落ち着く身体のツボ

【特典動画②】
②たったこれだけ!うつや不安が楽になる3つの質問

【特典動画③】
③悩みから抜け出し、自分を取り戻す究極の質問

友だち追加

友達登録URL
https://line.me/R/ti/p/%40sfw6418p

ID検索⇒【@sfw6418p】@マークを忘れずに。

このLINE@では
「他人の目を気にせず、楽に生きる秘訣」
というテーマで

・ブログの最新更新
・お役立ち情報
・キャンペーンのお知らせ
・無料イベントの案内

等々、お届けいたします。

・他人の目が気になる
・責められてる感じがする
・嫌われてる気がする
・ダメな奴と思われてる気がする
・人と仲良くなりたい
・楽しく普通に会話がしたい
・もっと楽に毎日を過ごしたい

このような方は、お気軽にご登録ください。

LINE@に友だち追加する

他人の目が気になる人へ
最新情報、無料イベントのお知らせ等
他人の目が気になる人へ
最新情報やお得な割引のご案内