生きるのがしんどい人向け

自分に自信がない人が、根本的に自信を持つ方法【完全版】

<自分に自信がないというお悩み>

  • 容姿に自信がなくて恋愛で踏み込めない
  • トラウマがあり恋愛に自信がない。けど、結婚したい。
  • コミュニケーションが苦手で仕事で自信がない
  • 仕事で失敗することが続き、自信がない
  • 子育てに自信がない。これでいいのか?

一口に自信がないと言っても、何に対して自信がないのか。人それぞれ状況が違います。

  • 容姿や体型のコンプレックス
  • 恋愛
  • 仕事
  • コミュニケーション
  • 子育て

各テーマ毎に自信の持ち方をご紹介し、最後に根本的に自分への自信を持つ方法について、心理カウンセラーの立場からご紹介します。

できるだけ具体的に解説していますので、自信の持ち方について、イメージして頂きやすいかと思います。

ご自分の当てはまる箇所を中心に、記事全体を読んで頂くことも、多いに参考になると思います。

ぜひ最後まで読んでみてください。

自信がないというお悩み

自信がないといっても、その内容は人それぞれ。

  • 仕事で失敗ばかりして自信がない。
  • 容姿や体型に自信がなくて、恋愛ができない。
  • 過去のトラウマによって、恋愛に自信がない。
  • コミュニケーションが苦手で自信がない。
  • 子育てに自信がない。
  • 人付き合いにおいて、自信がない

いずれにしても、自信がない状態が何年も続いていることで、いい加減に自分を変えたいという人も多いことでしょう。

あるいは、このままだと結婚できないんじゃないかと不安になって焦ったりする人もいるかもしれません。

状況はさまざまでしょうが、まず自信がないという悩みの根本的な原因を説明します。

そして、その後で状況別に自信がないという悩みをどのように克服していくかを説明します。

自信がない原因

自信がないというのは、言い換えると、

ありのままの自分ではダメだ!

このように思い込んでいる状態と言えます。

ここで注意して欲しいことは、実際に事実としてダメなのではなく、頭の中で自分のことをダメだと思い込んでいるのです。

事実ではなく、思い込みです。

そして、自信がない人には、次のような思い込みが共通してあります。

  • 仕事で失敗を繰り返す自分は許されない
  • 不細工な自分では受け入れてもらえない
  • 仕事ができない自分は評価されない
  • 自由に言いたいことを言う自分は嫌われる
  • ありのままの自分では愛されない

その結果、他人に怯えてしまうのです。

私たちは、ありのままの自分でいれたらどれだけ楽なことでしょうか!

  • 仕事が覚えられない自分でもいい
  • 不細工な自分でも仕方がない。私は私だ。
  • 臆病で話しかけられない自分でもダメじゃない
  • 勉強ができない自分でも価値がある

このように思えたとしたら、悩まずに済むのです。

日常の大半の悩みは消えるのではないでしょうか?

だからこそ、カウンセラーは次のように言うのです。

あるカウンセラー

ありのままの自分でいいんですよ。

ありのままの自分を許してあげてください。

 

いろんな自己啓発の本にもこのように書かれています。

ところが、ありのままの自分でもいいやと思えないから困る訳ですよね。

頭では理解できるけれども、実感として納得できない。

どうしても、自信がなくて、ありのままの自分でもいいとは思えない。

  • こんな自分はダメだ。
  • こんな自分が嫌だ。

この思考が頭から離れない。

だから、苦しいのです。

では、どのようにしたら、ありのままの自分でもいいと思えるのか。

そして、具体的にどんな取り組みをしたら自信を取り戻せるのか。

自信がないという悩みを状況別に解説していきます。

容姿や体型のコンプレックスで自信がない人へ

日本の価値観ですと、世間一般的に、女性は次のような人が評価される傾向にあるようです。

  • 瘦せている方がいい。
  • 胸が大きい方がいい。
  • 目が二重で大きい方がいい。
  • 小顔がいい。
  • 色白の肌がいい。
  • 背は小さい方がいい
  • 髪の毛が綺麗な方がいい

そうなると、次のような人はコンプレックスを感じても仕方がないでしょう。

  • 体型が太っている
  • 胸が小さい
  • 目が一重
  • 顔が大きい
  • 肌荒れやシミそばかすがある
  • 背が高い
  • 髪の毛がくせ毛
  • 頭が禿げてる

このように容姿や体型にコンプレックスがある人が、どのように自信を持つかを解説していきます。

できることをする

容姿や体型に自信がない人は、まずは改善する為に、取り組めることをする。

当たり前といえば当たり前のことかもしれません。既にやっているという人もいるでしょう。

  • 太っているなら運動して瘦せる
  • 肌荒れがあるなら、食事や生活習慣を改善したり、肌に良い美容品を使う
  • 髪の毛がくせ毛ならストレートパーマやアイロンを当てる
  • 服装のセンスがないなら、オシャレな人のマネをしたり、誰かにアドバイスをもらう

このようにまずは努力して改善できることは努力する。

ただし、

  • 胸が小さい
  • 顔が大きい
  • 背が小さい
  • 頭が禿げている

そういった類のことは、基本的には努力して何とかなる話ではないと思うので、そういう場合は、次の項目以降のことを参考になさってください。

潔く諦める

どんなに頑張って努力しても、変わらないものは変わらない。

コンプレックスのある自分を否定し続けても、結果として何も変わらない。

そんな時は、諦めるしかないのです。

例えば、亡くなった人をいくら思っても生き返ることはありません。どんなに願っても後悔しても怒り狂っても、生き返ることはありません。

脳出血などで半身不随になった身体を元に戻すことは簡単ではありません。リハビリするのは大切ですが、現状の身体を受け入れることも必要です。

それは気持ちの中で整理して、複雑な思いを消化して、現実を受け入れて、次に進む必要があります。

コンプレックスで悩む時も同じです。理想の自分に執着していて、現在の自分を受け入れらないから辛いのですが、変わらないものは、変わらないのです。

  • 胸が小さいのは、仕方がない
  • 顔が大きいのは、仕方がない
  • 背が小さいのは、仕方がない
  • 頭が禿げているのは、仕方がない

コンプレックスというのは、基本的には自分で悩んでいるだけのことが多いです。

実際は、誰もあなたのことをそんなに気にしていないのです。みんな自分のことで精一杯ですからね。

前を向いていくために、潔く諦めることが必要なのです。現実の自分を受け入れるというのは、ある意味で絶望感を伴うかもしれません。

しかし、それは次に進むための前向きな絶望と捉えてください。その先に、ありのままの自分でいいと思える未来が待っています。

今の自分を受け入れてくれる人と関わる

世の中には沢山の人がいます。

「顔が大きい、頭が禿げている」と言って、バカにしたり、からかったりする人もいるでしょう。

でもそんな人と関わっていると、「そんな自分がダメなんだ」と思いがちです。

だから、顔が大きくても気にしない人、頭が禿げてても気にしない人と関わることが大事なんです。

100人いたら、みんながみんな、あなたのことをバカにする訳ではないはずです。

100人いたら、あなたがコンプレックスに思っていることを、全然気にしない人だっているはずです。

そういう人と関わることが大事です。そういう人と関わっていると、「別に今の自分でもいいんだ」と思えてくるものです。

例外を探す

では、あなたの周りにいる人を思い浮かべてください。あるいは、過去の人間関係を思い出してください。

あなたと同じようにコンプレックスを抱えた人で、かつ、幸せそうに前向きに生きている人はいませんか?

あるいは、過去にそういう人はいませんでしたか?

もしできるなら、その人にコンタクトを取って、聞いてみる、あるいは相談してみるのもいいかもしれませんね。

「私はコンプレックスがあって気になるのだけど、あなたはコンプレックスが気にならないの?」と。

同じコンプレックスがあるのに、あなたはとても落ち込んで自信がないにも関わらず、別の人はなぜ前向きなのか?

それはおそらく、考え方や捉え方が違うからでしょう。

では、その人が、どんなふうに考えているのか、その考え方を自分にも取り入れることができたら、もっと楽に生きれると思います。

恋愛は外見ではない

コンプレックスがあることによって、恋愛に自信がないという方へ。

恋愛の価値観は人によって違います。どんな人も多かれ少なかれ、外見を気にしているのも事実でしょう。

しかし、外見が全てではないということも事実。

外見にこだわる人は、恋愛で悩みやすいと言えます。

それは外見を重視して、「一緒に楽しむこと」や「愛し合う」ということを忘れているからです。

外見を重視している人の多くが、

  • 相手が~してくれない
  • 相手が~してくる

このように相手に対する不満が募るものです。

【重要】

恋愛で一番大事なことは、お互いに本音が言い合えて、一緒に楽しい時間を過ごすこと。

外見が一番大事なのではありません!本音が言い合えないと、幸せな恋愛関係は築けないのです。

自分の外見を気にせず、お互いに本音が言い合えて、一緒に楽しい時間を過ごせる人との関係を大事にしてください。

恋愛に自信がない人へ

恋愛に自信がないという時、「相手にどう思われるか」が気になって、独りよがりになり、相手の気持ちが見えていないことが多いです。

B’zの楽曲「LOVE PHANTOM」で、次のような歌詞があります。

欲しい気持ちが成長しすぎて、愛することを忘れて、万能の君の幻を僕の中に作ってた

この歌詞のように、自分の中であれこれ考えすぎて、相手の人を愛することを忘れてしまいがちです。

恋愛に自信がない人は、冷静に相手のことを見る必要があります。

以下の項目で、ケース別にどのように対処していくかを解説します。

異性を信用できなくて、恋愛に自信がない人へ

過去に浮気をされた経験があると、また次の恋愛も浮気されるんじゃないかと相手を疑ってしまいます。

相手が携帯を触っているだけで、誰か異性と連絡を取っているんじゃないかと不安になったり。

少し連絡が来ないと、浮気しているんじゃないか、また振られるんじゃないかと不安になるかもしれません。

素直な気持ちを伝える

異性を信用できない場合、お互いが思ったことが言い合えていないことが多いです。

相手が携帯を触ることに不安を感じたり、連絡が遅いときに不安になること自体をお互いに話し合えていないのです。

だから、お互いが本音を言い合えるように歩み寄ることが大切です。

  • 「そんなこと言ったら、相手にウザい女と思われる」
  • 「そんなこと言ったら、相手が迷惑して、嫌われる」

そんな風に思ってしまうかもしれませんね。

だからこそ、相手に自分の気持ちを伝える訓練が必要なのです。

それをしなければ、いつまでたっても、同じことの繰り返しで、悩みから抜け出せません。

あなたは本音が言えない人と今後も恋愛関係を続けていくことを望んでいますか?あなたはおそらく望んでいないはずです。

あなたが望んでいる関係を実現させるためにも、勇気を出して、自分の気持ちを伝える訓練をしていきましょう。

自分を満たす

もう一つ大事なことは、自分で自分を満たすことです。

相手のことが気になって不安になって、自分に自信がない時は、自分の心が満たされていないからです。

自分がやりたいことをしていたら、相手が何をしていようと、あまり気にならないものです。

相手に自分を満たしてもらうとすると、相手のことを考えてしまうし、相手への期待や要求が肥大してしまいます。

  • 携帯を見せて
  • 連絡は早く返して
  • 休日は何してるかメールして
  • 予定を教えて

こういうのって、自分が満たされていない証拠です。

だから、自分の心が喜ぶことをしてください。そしたら、徐々に相手のことが気にならなくなります。

潜在意識の思い込みを変える

異性や他人が信用できないのは、子供の頃に親を信用できかなかった人が多いものです。

子供の頃に、両親が不仲で家を出て行ったり、家を出ていこうとしたりしたことがあるかもしれません。

見捨てられるような経験をしたかもしれません。

あるいは、何を言っても否定されたり、話を聞いてもらえなかったりした経験があるかもしれません。

その場合、大人になっても、人を信用できません。従って、そのような思い込みを変えていく取り組みが必要です。

これは一人では難しいので、心理カウンセラーと一緒に行う必要がありますね。

失恋続きで、恋愛に自信ない人へ

失恋してばかりで、次の恋愛もまた振られるんじゃないかと自信を無くしている人もでしょう。

まず失恋が続いて恋人ができないのは、自分に魅力がないからと決めつけないほうがいいです。

失恋は相手にも色々な思いや事情もあるから、必ずしもあなたに魅力がないということが失恋の原因ではないのです。

さて、失恋続きで恋愛に自信がない人はどうしたらいいか?

理想の明確化

まず、あなたがどんな人を求めているかを明確にしましょう。

どんな人と一緒にいたいですか?

  • カッコいい人/可愛い人
  • 優しい人
  • お金持ちの人

いや、ちょっと待ってください!

多くの人の恋愛カウンセリングをしてきてわかったことがあります。

それは、みんな自分が本当に求めている人をわかっていないということです。

  • カッコいい人/可愛い人
  • 優しい人
  • お金持ちの人

こういうのってで考えている理想なんです。

そうじゃなくて、が求めている理想的な人とは、

自分のことを大切にしてくれる人です。

カッコいいとか優しいとか、お金持ちとかじゃなくて、

  • 自分のことを大切にしてくれる人
  • 自分のことを認めてくれる人
  • 自分のことを愛してくれる人

こういう人と一緒にいたいのです。

もっと具体的に言うと、自分のことを大切にしてくれる人とは、例えば次のような人ではないでしょうか。

  • 自分の話をちゃんと聞いてくれる人
  • 自分に興味をもってくれる人
  • 気にかけてくれる人
  • 感謝や愛情を言葉や行動で伝えてくれる

あなたが本当に求めている人を明確にしましょう。

目標を変える

次に、失恋続きで恋愛に自信がない人は、恋愛における目標を変えることです。

それは、恋人を作ることを目標にしないことです。

恋人を作ることに焦ってしまうかもしれませんが、もう少しハードルを下げて、あなたを大切にしてくれる人と仲良くなることを目標にしましょう!

あるいは、一緒に楽しむことを目標にしましょう!

  • 「早く恋人が欲しい」
  • 「早く結婚したい」
  • 「嫌われるんじゃないか不安」

こういったことに意識が向きがちですが、まずは一緒に楽しむことを当面の目標にしましょう。

もっと具体的に言うと、例えば次のようなことです。

  • 雑談する
  • 相手の話を聞く
  • 自分の話をする
  • 相手に興味を持つ
  • ランチに誘う

一緒に楽しむというのは、共通の趣味を楽しむといった意味合いもありますが、ここでは、「本音が言い合えること」と言い換えて差し支えないです。

まずは相手と本音が言い合える関係になること、一緒に楽しむことを目標にして、焦らないこと。それが失恋続きで自信がない人がやるべきことです。

コミュニケーションに自信がない人へ

生きている限り、家族関係や仕事関係、恋人との関係など、必ず「人」と関わらなければいけません。

人と関わる時に、コミュニケーションが必要不可欠です。

コミュニケーションに自信がないと良好な人間関係を築けなかったり、生きることがストレスになりかねません。

例えば、

  • 物事を決断できない
  • 自分のことをうまく表現できない
  • 自分から話しかけられない
  • 人との会話の仕方がわからない

このようにコミュニケーションにおいて自信がない人が、どのようにして自信をつけていくかを以下で解説します。

モデリング

うまくコミュニケーションを取りたいという人に、「うまくコミュニケーションを取るって、具体的にどういうことですか?」と質問することがあります。

しかし、往々にして答えられないのです。

つまり、うまくコミュニケーションを取るということに、イメージが出来ないのです。だから、具体的なアクションを起こせないのです。

だからまず、うまくコミュニケーションを取っている人をイメージすることで、より具体的にしていくことが役立ちます。

そして、うまくいっている人が行なっていることを真似るのです。それがモデリングです。

では、ここから3つのワークをしていきます。

<ワーク1>

まず、うまくコミュニケーションを取っている人を一人思い浮かべてください。

現在の人間関係でもいいですし、過去の人間関係でもいいです。

  • 職場の人
  • 前の職場の人
  • 恋人
  • 友達
  • 学生時代の恩師

など思い返してみてください。

誰か思い浮かびましたか?

<ワーク2>

では、その人のどういうところがコミュニケーションがうまいと思いますか?

例えば、次のようなことかもしれません。

  • 明るくて元気
  • 堂々としている
  • 笑顔で自分から話しかける
  • 知識が豊富
  • ユーモアがある
  • 相手に興味を持って質問している
  • 気遣いができる
  • 自分の意見を言っている
  • 差し入れを持ってきてくれる
  • わからないことを質問している

他にもまだまだあるかと思います。

<ワーク3>

次に、イメージの中で結構ですので、その人になりきってみてください。(ワーク1で思い浮かべた人です)

そして誰かとコミュニケーションする時に、その人になりきって会話をするとしたら、今のあなたと何が違いますか?

もしかしたら、顔をあげて、相手の目を見て、少し声のトーンを上げて、笑顔で挨拶するかもしれません。

あるいは、落ち着いて深い呼吸をしながら、ゆっくり丁寧に話しているかもしれません。

例えばピンと来るかわかりませんが、よく子供が〇〇レンジャーとか言って、戦隊ものになりきって遊んでいますよね?なりきるイメージとしては、そういうイメージです。

しかし、24時間あらゆるシーンで、その人になりきる必要はありません。それでは疲れてしまいます。

一日に一回、まずは特定のシーンで、その人になりきってコミュニケーションしてみよう!と、予め決めておくとよいでしょう。

スモールステップ

コミュニケーションが苦手で自信がないという最大の理由は、

  • ありのままの自分では嫌われる
  • 素の自分では受け入れられない
  • 思ったことを言ったら否定される
  • どうせ理解してもらえない

こういった思い込みがあるから、自由に表現できずにコミュニケーションが苦手になるのです。

一言で言うと、傷つきたくないのです。

だから、スモールステップで傷つかずに済んだという成功体験を繰り返し体験することで、

  • ありのままの自分でもいいんだ
  • 言いたいことを言ってもいいんだ

このように思えるようになることが大事なのです。

コミュニケーションに自信がない人が、いきなり上達して自信満々になることを目指す必要がないし、そもそも無理があるのです。

私たちができることは、そんなに多くありません。あれもこれもしようと無理があります。

まずはスモールステップで、一歩ずつ確実に進んでいくことが必要なのです。

  • まずは自分から挨拶する
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 相手をねぎらう
  • 相手を褒める
  • 雑談で相手に質問することを予め決めておく
  • イメージトレーニングする

これならできる!ということを一つ決めて、それを実践してみてください。

相手を褒めることを普段しない人にとって、相手を褒めるだけで、何となく気分が明るくなったり、ほんのちょっと自信がつく感覚が持てるかもしれません。

ぜひ一歩ずつ、今できることをしてみてください。

仕事に自信がない人へ

仕事に自信がないという場合、仕事自体に自信がないのか、人間関係に自信がないのか。ここを分けて考える必要があります。

性格× 環境(仕事、人間関係)= 気分

もし人間関係に自信がないなら、先述したコミュニケーションの項目を参考にしてみてください。

ここでは、仕事自体に自信がないという場合の解説をしていきます。

仕事に自信がないという時、今現在働いている人の場合、選択肢としては2つあります。

それは、

仕事を

  1. 続ける
  2. 辞める

このどちらかでしょう。一つずつ見ていきますね。

仕事を続ける場合

長期的な視点で見る

本当にその仕事がしたいのなら、仕事ができるようになるまで諦めずに努力することが必要かもしれません。

例えば、プロ野球選手でも高卒ルーキーで活躍する選手は極めて稀。4~8年目で芽が出ることもあるでしょう。

吉本の芸人もブレイクまで10年かかる人もいるとか。

そう考えると、1年目や2年目で仕事を完璧にこなすことはかなり難しいことかもしれません。

今すぐ結果を出そうとして焦ると、思い通りにならない現実に苦しむことになります。

  • 「今は仕事ができなくても仕方がない」
  • 「数年かけてできるようになればいい」

そんなふうに、長期的な視点で自分を見ることが役立つでしょう。

上司に相談する

仕事で失敗が続いたり、なかなか思うようにいかない時は、悩んでいることを上司に相談しましょう。

仕事ができるように努力するのも一つですが、自分の努力だけではカバーできない時、つまりどんなに頑張っても手に負えない時は、上司に相談して、具体的に仕事面に置いて配慮してもらえることがないかを考える必要があるかもしれません。

仕事ができないなら、具体的に何ができないのか。逆に、今自分は何ができるのか。どんなサポートがあって、どんな環境であれば、仕事ができるのか。できないことに対してどんな手立てができるのか。

仕事ができないなら、できないなりに、どのような対処ができるかを考える必要があります。

自分を責めない

早く一人前にならないといけないと思うと、まだ一人前になれていない自分はダメだと思うかもしれません。でも、頑張っている自分を責めないこと。

必ず自分は自分の味方でいること。逆に、自分を責めて、自分で自分を追い込むようなことをしないで欲しいですね。

できなものはできないのだから、焦らず一歩ずつ進んでいくしかないのです。

それには目標を小さくすることが大事です。

「今日はこれだけを集中して覚えよう!」と、一点集中すること。「それ以外は出来なくてもいい」と割り切ることも大事。

あれもこれもしようとすると、「あれができていない」「これもできていない」と自分に対して減点ばかりしてしまいがちです。

頑張っている自分を、あえて褒めてあげるとしたら、それはどんなことですか?どんな些細なことでも結構ですので、少し考えてみてください。

仕事を辞める場合

自分に合った仕事を選ぶ

仕事に自信がない時、もしかしたら、自分に合っていない仕事を、無理して頑張っているかもしれません。

よくあるパターンとして、条件面で仕事を選んでいる場合です。

・残業が少なくて、土日が休みだから、事務職を選んだ。

・大企業で、お給料がいいので、営業職を選んだ。

このように、条件面を重視して仕事を選ぶと、実際の仕事が思ったよりも負担が大きく、手に負えなくて苦しむことになります。

どんな仕事が自分に合っているのかは、実際にその仕事をしてみないとわからないので、色んな仕事を経験することも一つかもしれません。

心から望んでいる仕事を選ぶ

自信を持って、やりがいを感じながら、楽しく仕事ができる要素として次の3つが挙げられます。(ただし、人間関係におけるコミュニケーション能力は別途必要ですよ)

  • 得意である(無理なくできる)
  • 情熱がある(その仕事が好き)
  • 受容がある(ニーズがある)

逆に言うと、不得意であって、情熱がないと、仕事をしていく上で、とても苦しくなります。苦手で嫌なことをしていることになりますから。

例えば、絵を描くことが得意で好きで、受容があるなら諦めずにチャレンジすること。

そこに自信がないとか将来性が心配とか言っていると、満足のいく納得した人生は送れないでしょう。

得意で好きなことがあるなら、受容があるのかどうか、その分野でうまくいっている人はいるのかどうか、リサーチしてみることですね。

子育てに自信がない人へ

子育てに自信がないのは、根本的に「責められる恐怖」があるからです。

もし子育てに失敗したら。。。

  • 周囲から責められるかもしれない
  • 将来、子供から責められるかもしれない
  • 将来、自分で自分を責めてしまうかもしれない

だから子供が良い子で、優秀でなければ不安になるかもしれませんね。

  • 子供が思い通りに言うことを聞かない
  • 我が子が周囲と比べて劣っている
  • 子供が良い子で逆に将来が心配
  • 子供に感情的になってしまう自分が嫌

このように「私の子育てはこれでいいのか?」と、子育てに自信が持てないかもしません。

私は子育てを「良い」「悪い」「成功」「失敗」という基準で考えるものではないと思っています。

以下の項目では、子育てに自信がない時にどのように対処するかを述べていきます。

完璧を目指さない

「あの子があんな風なのは、親のしつけが出来ていないから」と、周囲に思われたくないかもしれません。

  • 周囲から「ダメな人」と評価されるのが嫌
  • 周囲から責められるのが嫌
  • しつけは親の責任だ

だから、ちゃんと子育てしないといけないと思ってしまうし、子供が言うこと聞かないと怒ってしまう。

ちなみに、私の親は過干渉で完璧主義なところがあります。

思春期の反抗期の頃、母親にこう言った記憶があります。

「俺はあんたの所有物じゃないし、操り人形じゃない。いちいち、うるさい!」と。

完璧を目指すと、どうしても子供をコントロールしようとしてしまいがちです。

子供をがんじがらめにコントロールしようとしないことで、気持ちが軽くなります。

  • 完璧なしつけをしようとしない
  • 子供を思い通りにしようとしない

そもそも、子育てって何?

完璧な人間を作り上げることが子育て?

私たち大人でも

  • いつも元気でいられる訳じゃない
  • ご飯を食べたくない時もある
  • お風呂に入るのがめんどくさい時もある
  • 嫌だと感じる時もあるし、落ち込む時もある
  • ダラダラしたい時もある

では、子供に対してはどうか。

いつも明るく笑顔で元気よく、礼儀正しく、規則正しい生活をして、他人を思いやる優しい子供を作り上げることが、子育てですか?

それはちょっと無理がありますよね。

だから、親として子供をコントロールして、思い通りの完璧な子育てをすることを目指すのではなく、

親が、一人の人間として自分の思いを子供に伝え、一緒に楽しみながら生活をする!

というのを目標にしてはいかがでしょうか?

あなたが、幸せな家庭を築きたいと思っていたとしたら、幸せな家庭とは何か?ということを、もう一度考えてみる必要があるかもしれません。

目線を合わせる

子育てや、しつけは親の責任だ。

そう思うと、指示や命令が多くなり、一緒に楽しむという意識がおろそかになります。

目線を合わせるというのは、物理的に大人が子供の目線に合わせるということも大事ですが、ここでは心理的な話をします。

  • 「~しなさい」
  • 「~してはいけません」
  • 「言うことを聞かないと、置いて行くぞ」

子育てでは、どうしても、このように指示や命令や脅しが多くなります。

子供と一緒に楽しむ為に、どんなことができますか?

  • 一緒にゲームをする
  • 一緒に片づけをする
  • 一緒に料理をする
  • 絵本を読んであげる
  • 子供の話を聞いてあげる
  • 家族で楽しめる場所に出掛ける

このように子供と「一緒に楽しむ」ことを意識してみてください。

すると、子供との関係も良い方向に変わっていきますよ。

子供にオープンになる

子育てで、よく使うフレーズが、以下。

  • 「~しなさい」
  • 「~してはいけません」
  • 「言うことを聞かないと、置いて行くぞ」

このように「指示」「命令」「脅し」が多くなってしまいがちです。

これを多用すると、子供との関係が悪くなります。子供と心を通わせることができなくなり、子育てがしんどくなります。

その結果、子育てに自信が持てなくなるのです。

そうではなくて、「あなたがどう感じているのか」「あなたがどう思っているのか」を伝えてみましょう。

それは次のように主語を「私」にするのです。

  • 私は、嬉しい(I am happy.)
  • 私は、楽しい
  • 私は、助かる
  • 私は、悲しい(I am sad.)
  • 私は、嫌だ
  • 私は、心配している
  • 私は~したい
  • 私は~したくない
  • 私は、あなたに~して欲しい
  • 私は、あなたに~して欲しくない

もしくは、先述しように、「一緒に~しよう」という伝え方も良いですね。

  • 一緒に遊ぼう。(Let’s play.)
  • 一緒に片付けよう。(Let’s clean up.)

逆に次のように、相手を主語にした伝え方や会話では、自分がオープンになれません。

  • (あなたは)いつもやることが遅いね。
  • (あなたは)いつまでご飯を食べているの?
  • (あなたは)早くお風呂に入りなさい。

このような表現は、親が自分の気持ちを表現していません。

日本語は、主語を省略することが多いので、普段は誰が主語なのかわかりにくいですが、主語が誰かをハッキリ意識して会話をしてみてください。

親が子供にオープンになれば、子供との関係は良くなります。

自分を満たす

恋愛の項目でも、自分を満たすことが大事と述べました。子育てにおいても同じです。

親の幸せが子供の幸せなので、まずは親が幸せな気持ちで満たされることがとても大事。親が満たされていたら、気持ちに余裕が生まれ、子供にも良い影響を与えます。

中には、子供の為に自分を犠牲にしてしまう人もいるかもしれません。

  • 子供がいるから、自分の時間を楽しめない
  • 子供がいるから、欲しい物があっても我慢する
  • 子供がいるから、やりたいことにチャレンジできない
  • 子供がいるから、生活が子供中心になる

もちろん、そうやって自分を犠牲にしてしまうのは、もしかしたら親の子供への愛情なのかもしれません。

しかし、自分が犠牲になって、不満や文句を言って、子供は幸せでしょうか?

ちょっと違いますよね?

子供から見ると、親が不満で口うるさいのと、笑顔で幸せな雰囲気とでは、全然違うことでしょう。やっぱり親が幸せにしているほうが、子供にとっても幸せなのです。

子供の為に自分を犠牲にしないというのは、次のようなことかもしれません。

  • 子供との時間も大事だけど、自分の時間も確保する
  • 自分の欲しい物も、遠慮なく買う
  • 子供を理由にせず、自分のやりたいことにチャレンジする

まとめ

子育ては正解があるようでないもの。だからこそ、何が正しいとか、何がダメということではなく、一緒に楽しむということを目標にしてみてください。

子育ては親の責任、なんて言われると責められたくないから、一生懸命になってしまいがちです。

子供を育てることに一生懸命になりすぎて、子供と一緒に楽しむという肝心なことを忘れてしまいがちです。

子供も魂を持った一人の人間です。子育てについて、どこまでが親の責任なのかはわかりませんが、子供をコントロールするのではなく、あなたが子供に伝えたいことを伝えて、子供の気持ちや意見も聞きつつ、一緒に楽しみながら前に進んでいく。それでいいのではないでしょうか。

自分の存在に自信がない人へ

ここでは、コンプレックス、恋愛、仕事、コミュニケーション、子育て、あらゆる状況において自信を持つ方法を解説します。

自分が輝ける環境を選ぶ

猿が海で魚と一緒に泳いでいても、魚のようにうまく泳げるはずがありません。

猿「あぁ~なんで俺はこんなにダメなんだ」と自分を責めるかもしれません。

猿は海ではなく、山で暮らすから自分の能力を活かせるし、満たされて、「私はここに居ていいんだ」と自信が持てるのです。

もしあなたが仕事で、悩んでいるなら、あなたの才能を活かせる環境で働くことが自信を取り戻す第一歩になります。

恋愛やコミュニケーションで悩んでいるなら、あなたのことを認めてくれる人と一緒に過ごすことで、自信を取り戻すことが出来ます。

逆に、あなたのことを否定したり、攻撃したり、無視したり、バカにするような人たちと関わっていると、あなたは自信を持つことが難しくなるかもしれません。

私はここに居ていいんだ!!

このように思えることが、とても重要で、自分の存在への自信になります。

環境は自分でいくらでも選べます。

  • 誰が自分の味方で、誰が敵なのか
  • どんな環境なら自分が輝けるのか

そういったことを意識してみてください。

喜怒哀楽や五感を感じる

自信がないのは、理性が働きすぎていて、喜怒哀楽などの感情を押さえ込んでいる状態とも言えます。

  • 好き、嫌い
  • 快・不快
  • 楽しい、嫌
  • 腹が立つ
  • 安心する

他人に気を使って、世間の常識に合わせ過ぎていると、このような自分の感情や感覚がわからなくなります。

感情や感覚のセンサーが鈍っているので、それらを磨く必要があります。

それが自分主体へとつながり、自信へと変わっていくのです。

自分の気持ちや身体に意識を向けて、「私は今何を感じているのか?いい感じなのか、イヤな感じなのか」を意識してみてください。

自信=自分を信じる

自分を信じるとは、他の誰が何と言おうと、

  • 私はこれが好き
  • 私はこれが嫌い
  • 私はこう思う

このように自分の感情や考え、行動について、私はこれでいいんだと思えることではないでしょうか。

自分を表現する

自信を持つ方法として、自分の感情や感覚(心の声)を基に、それらを行動として表現していくことです。

左側のオレンジマーカーが心の声、右側の青色マーカーが行動を表しています。

  • 飲み会の誘いを嫌だと感じた ⇒ 断る
  • 好きな人と話したい ⇒ 話掛ける
  • 深夜にラーメンが食べたい ⇒ ラーメンを食べる
  • 部屋の居心地が悪い ⇒ 物を捨てる、片付ける

「心で感じたこと」と「行動」が一致しているか。これはとても大事なことです。

ところが、往々にして心の声と行動が一致しないことがあります。

それは「頭の声」が働くからです。

  • 飲み会に断ったら、嫌われそう。
  • 好きな人に話しかけて、嫌われるのが怖い。
  • 深夜にラーメン食べたら、太る。
  • 部屋の片付けがめんどくさい。

このようにあれこれ考えてしまうことで、行動に移せないのです。

自信を持つ為には、頭の声をなだめて、心の声行動に移す必要があります。

今すぐ行動に移せなくても仕方がありませんが、このメカニズムをしっかりと理解してくださいね。

まとめ

自信を持つ為には、次のように思っておられる方も多いと思います。

  • 他人より能力的に仕事ができる
  • 他人よりルックスがいい
  • 他人より収入がいい

何か自分に欠けているものを埋めると、自信が持てると勘違いしてしまいがちです。

もちろん、仕事のスキルがないよりは、あるほうが自信が持てやすいかもしれない。

ルックスについても、いわゆる普通の人より、芸能人みたいにカッコイイ、可愛い人の方が自信が持てるかもしれない。

収入もないよりは、あるほうが自信が持てるかもしれない。

しかし、根本的に自信を持つという意味においては、勘違いになります

  • 仕事は出来ても、自分に自信がない人もいます。
  • ルックスがいい人でも、自信がない人もいます。
  • 収入が良くても、自信がない人もいます。

これは事実です。

従って、まずはこの勘違いから、目を覚まして、自分の心に正直に生きること。

つまり、ありのままの素の自分で安心して本音を言うこと。

それこそが、本当の意味での自信を持って生きることに繋がるのです。

もちろん、今すぐに自信が持てるようになる訳ではありません。

しかし、一歩ずつ進んで行くことで着実に自信が持てる方法についてご紹介してきました。

この記事をご覧の方が、自信を持って生きていけるようになることを心から願っています。


心の悩み専門LINE@ 心が軽くなるプレゼント進呈

【LINE@登録プレゼント】

LINE@にお友達登録して頂いた方に、感謝の気持ちを込めて、特別な3つの動画をプレゼントいたします。

【特典動画①
①超簡単!一瞬で辛い気持ちが落ち着く身体のツボ

【特典動画②】
②たったこれだけ!うつや不安が楽になる3つの質問

【特典動画③】
③悩みから抜け出し、自分を取り戻す究極の質問

友だち追加

友達登録URL
https://line.me/R/ti/p/%40sfw6418p

ID検索⇒【@sfw6418p】@マークを忘れずに。

このLINE@では
「他人の目を気にせず、楽に生きる秘訣」
というテーマで

・ブログの最新更新
・お役立ち情報
・キャンペーンのお知らせ
・無料イベントの案内

等々、お届けいたします。

・他人の目が気になる
・責められてる感じがする
・嫌われてる気がする
・ダメな奴と思われてる気がする
・人と仲良くなりたい
・楽しく普通に会話がしたい
・もっと楽に毎日を過ごしたい

このような方は、お気軽にご登録ください。

LINE@に友だち追加する

他人の目が気になる人へ
最新情報、無料イベントのお知らせ等
他人の目が気になる人へ
最新情報やお得な割引のご案内