生きるのがしんどい人向け

人生とは何か?思い通りにならない人生を生き抜く4つの心得

人生は思い通りにならない!

これは紛れもない真実。

どんなに努力しても報われないこともある。

だとしたら、

人生は苦痛でしかない。

しかし、僕はこの苦しい人生に、もう少し抵抗してみたい。

苦しい人生を何とかして、充実し、満足したものにしたい。

この記事では、思い通りにならない人生を生き抜く為の4つの心得を紹介し、みなさんの人生がより良いものになるキッカケとなれば幸いです。

こんにちは。心理カウンセラーの大城ケンタです。よろしくお願いします。

人生とは思い通りにならない

人生の大半は思い通りにならないことばかりです。

人生の最期まで、私たちは思い通りにならない現実に直面し続けるのです。

他人が思い通りにならない

  • 親に怒られる子供
  • 友達からいじめられる
  • 親友に裏切られる
  • 会社の上司に怒られる
  • 部下が思うように動いてくれない
  • 子供が言うことを聞かない
  • 恋人が浮気をして信用できない
  • 片思いの人に振られて失恋した
  • 親の介護に手が掛かる
  • 他人の言葉遣いや態度が気に入らない

挙げればきりがないですが、他人が思い通りにならないから、落ち込んだり、イライラしたりするのです。

自分が思い通りにならない

  • 自分の顔が嫌
  • 自分の声が嫌
  • 自分の体型が嫌
  • 背が低い自分が嫌
  • 顔が老けてきた
  • 髪が薄くなってきた
  • 体力がなくなってきた
  • 高齢になることが嫌だ
  • 能力のない自分はダメだ
  • 頑張れない自分が情けない
  • 堂々とできない自分が嫌だ
  • うまく話せない自分が嫌だ
  • 仕事の結果を出せない自分はダメだ

自分自身に対しても、思い通りにならないことが沢山あります。

自分でもどうしようもない、手に負えないことです。

物事が思い通りにならない

  • こんな家庭に生まれたくなかった
  • 会社の売上が上がらない
  • 結婚できない
  • 恋人ができない
  • 親が口うるさい
  • 趣味がない
  • 夢がない
  • お金がない
  • 職場がブラック企業
  • お客様から理不尽なクレーム

自分の意思ではどうしようもないことも沢山あります。

世間や周囲の人から、理不尽なことを言われることもあります。

私たちは、そんな人生を生きていかなければいけないのです。

人生とは「諦め」の連続

諦める勇気

ここまで書いたように、人生は思い通りにならないことのほうが圧倒的に多い。

では、そんな思い通りにならない時に、どうすればいいのか?

答えはシンプル。

人生を諦めること。

どんなに頑張っても、それを変えることができないなら、諦めるしかない。

人生は思い通りにならないことが多いということは、それだけ諦めなければいけないことも多いのです。

でも一方で、

やっぱり諦めたくない。

そんな思いもあるでしょう。

だからこそ、悩むのです。

諦めるしかない状況だが、諦められない。

思い通りにならない状況を認めたくない。

この葛藤が苦しいことでしょう。

すんなりと諦められない。だからこそ、諦めるまでには時間が掛かるのです。

幸せを追い求めるのも時間が掛かるが、諦めることも大変なこと。

諦めるとは、明らかにすること

諦めるとは、断念するという意味もありますが、もう一つ大事な意味があります。

それは、物事の真実を明らかにすること。

「諦める」と「明らか」は同じ語源です。

ポイント
諦めるとは、物事の真実を明らかにすること

 

自分の力で変えることができること、できないことを明らかにする。

自分でコントロールできることと、できないことを明らかにする。

その上で、コントロールできることは努力して変えていき、コントロールできないことは断念する。

<例1>

婚活をしても、素敵なご縁があるかは、わからない。

ご縁はコントロールできない。それが真実。

<例2>

背が低いことにコンプレックスを感じている。

背が低いという事実は変えられない。

私は背が低い。それが真実。

現実を受け止める勇気

自分がコントロールできないことで悩んでも仕方がない。

自分でコントロールできないことは、「自分の責任ではない」。

もし仮に、半分くらい自分の責任だとしても、全てが自分の責任ではない。

だとしたら、

人事を尽くして天命を待つ。

ベストを尽くして、やるべきことはやった。その結果は、天の意に任せたらいいのです。

・営業の仕事を頑張ってきたけど、成績が上がらない。

・事務仕事を頑張っても、必ずミスが出てしまう。

・別れた恋人と復縁したいけど、復縁できない。

・結婚したくて婚活しているが、素敵なご縁がない。

・うまく話したいのに、緊張して話せない。

ポイント
思い通りにならない現実をいくら嘆いても、何も変わらない。

 

どうせ現実は変わらないのであれば、嘆くよりも、ありのままの現実を受け止めよう。

自分には能力がない。それが真実。

他人はコントロールできない。それが真実。

真実を明らかにすれば、諦められるのです。

人生が孤独になるプロセス

カウンセリングをしていると、人は常に孤独と戦っている。

そんなことを感じることがあります。

なぜ、人は孤独を感じるのか?

そのメカニズムについてご紹介します。

人が孤独を感じるプロセスは以下。

①親に否定される
②自己否定し、自信がない
③本音が言えない
④誰にもわかってもらえない

この①~④のプロセスを経て、孤独になっていくのです。

一つずつ詳しく見ていきます。

親に受け止めてもらえなかった

孤独と戦っている人のカウンセリングをしていると、多くの場合、子供の頃、親に否定された経験をされています。

  • 親が感情的で怖かった
  • 何を言っても否定された
  • 親との会話がなかった
  • 家族の仲が悪かった
質問
幼少期の家族関係は、仲が良かったですか?

 

もちろん、親も一人の人間です。完璧な親などいません。

子供が言うことを聞かなかったら、怒りたくなることもあるでしょう。

しかし、親に受け止めてもらえなかった子供は、どんどん自信を無くしていきます。

自己否定、自信がない

親に受け止めてもらえなかった子供は、

「私はダメな人間だ」
「私は大切にされない存在なんだ」
「私はもっと頑張らないといけない」

そんなふうに無意識に思ってしまうのです。

親に怒られ否定された子供は、

ありのままの自分ではダメだ。

そう思って、自信が持てないのです

本音が言えない

自信が持てないから、他人が怖い。

他人が怖いから、本音が言えない。

本音を言って、嫌われるのが怖い。

そうやって、人間関係で本音が言えず、我慢ばかりしていると、「心を開けない」という習慣が身に付きます。

誰にもわかってもらえない

誰にも心を開けないし、本音を言えないから、誰にもわかってもらえない。

そして、集団から孤立する。

学校や職場にいても馴染めず、孤独を感じる。

集団の中にいても、一人で過ごしていても、孤独を感じる。

友達を作ろうとしても、自信がなくて本音が言えないから、友達を作ることが難しい。

つまり、孤独から抜け出すためには、自分に自信を持ち、本音が言える自分に変わることが必要です。

人の気持ちは変わる

自分の気持ちも変わる

・料理人を目指して、学校に行ったのに、働いてみると何か違った。

・保育士を目指して、勉強して資格を取ったのに、働いてみると何か違った。

・あれだけ大好きだった片思いの人なのに、今はもう忘れている。

・結婚したいと思っていたけど、気持ちが変わった。

・沖縄旅行を予定していたけど、やっぱり今は北海道に行きたくなった。

・さっきまでカレーが食べたかったけど、急に焼肉が食べたくなった。

・ダイエットするぞ!と決意したけど、「やっぱり面倒くさい」

そんなことはいくらでもある。

自分の気持ちは簡単に変わる。

自分の意思に反して、自分の気持ちが変わることがある。

どんなに認めたくなくても、変わってしまった気持ちをコントロールすることはできない。

他人の気持ちも変わる

自分と同じように、他人の気持ちも簡単に変わる。

・熱心に「愛してる」と告白してくれたのに、付き合った途端、急に態度が変わる男性もいる。

・「将来もずっと一緒にいよう」と、約束したのに、別れ話をされた。

・信頼していた仲間に裏切られた。

・仲が良かった友達とも、いつの間にか、疎遠になってしまった。

・昨日は機嫌が良かったけど、今日は凄く機嫌が悪い、そんな気分屋な上司。

他人の気持ちも常に変わる。

だからこそ、人を信頼することが難しいのかもしれませんね。

人と分かり合うことはできない

一人一人価値観が違うし、多くの人は本音が言えない。

ましてや自分も相手も気持ちは常に変わる。

だから、人と分かり合うことが難しいのだ。

ところが、

それでもやっぱり人と分かり合いたいと思ってしまう。

それが人間だ。

孤独は辛いし、人と分かり合いたい。でもそれができない。

この八方塞がりの状況で、どうすれば人と分かり合えるのか?

歩み寄る姿勢があるか

すべてのことを人と分かり合うことは不可能。

でもほんの一瞬、ほんのわずか時間なら、人と分かり合うことができます。

・一緒に食事をして、「おいしいね」と気持ちを共有する。

・共通の趣味を一緒に楽しむ。

・「おはよう」「おやすみ」と挨拶をして、心を通わせる。

・好きなテレビ番組の話で盛り上がる。

・雑談やたわいもない話をして楽しむ。

・仕事でお互いを助け合う。

こういった、ちょっとした瞬間を逃さずに、人と分かり合える幸せを感じられるかどうか。

それが大事。

それには、お互いが相手のことを思いやる姿勢があるかどうか。

相手を思いやることなしに、人と分かり合うことは出来ない。

いくらあなたが相手を思いやっていても、相手も同じように、その姿勢がなければ、分かり合うことは出来ない。

人生とは難しいもので、なかなかお互いに分かり合える人とは、そうそう出会うことができない。

だからこそ、そんな人を大切にしたいものです。

思い通りにならない孤独な人生をどう生きるか?

自分を愛する人生

自分が思い通りにならないから嫌になる。

そう感じる人も多いことでしょう。

・どんなに頑張っても、思い通りにならない

・どんなに頑張ろうとしても、頑張れない。

・そもそも頑張ろうという意欲がわかない。

それは事実として受け止めましょう。

どんな自分であっても、それが今の自分。

今まで苦労してきた人生を送ってきた。

そのことを一番よく知っているのは、他でもない自分自身。

だからこそ、今までよく頑張って生きてきた自分を労ってあげてください。

そして、この先も、誰より自分を大切に生きて欲しい。

  • 「よく頑張ってるよね」
  • 「今日は何をしたい?」
  • 「何が食べたい?」

そうやって自分に優しい言葉をかけたり、自分で自分のご機嫌を取る。

それが、人生思い通りにならなくても、幸せを感じる秘訣です。

目の前の人を大切にする

人は関わる人によって、心の親密度が違います。

以下は一般的な親密度を簡単に表しました。

  • 家族、恋人⇒かなり高い
  • 友人、仲間等⇒高い
  • 仕事関係の人⇒中程度
  • 隣人、全く知らない人⇒低い

このように関係性が違えば、親密度合いを違います。

ところが、先述したように、多くの人が人生において孤独を感じています。

  • 家族と仲が悪い
  • 恋人ができない
  • 親友や友人がいない
  • 職場で孤立している

このように他人と親密になりたいけど、親密になれないのです。

じゃあ、どうするか?

ここで、ちょっと確認しますが。

親密になる=幸せ

と思っていませんか?

もちろん、そうかもしれません。

ただし、他人と親密にならなくても、幸せを感じることはできます。

それは、

ポイント
目の前の人を大切にすること

 

・職場の人に目を見て「おはようございます」と挨拶してみる。

・コンビニの店員に目を見て「ありがとうございます」と言ってみる。

・カフェの店員に目を見て「素敵なお店ですね」と言ってみる。

そうやって、目の前の人を大切にすることで生まれる、爽やかなあったかい気持ちを感じる。

それが、孤独な人生にも、幸せを感じる秘訣です。

絶望と希望を両方持つ

・将来、素敵な人と出会うかは、わからない。

・自分が結婚できるかどうかは、わからない。

・憧れの職業に就けるかどうかは、わからない。

・目標のお金を稼いで、目標の貯金ができるか、わからない。

・夢を叶えられるかどうかは、わからない。

未来は、不確かなものだ。

努力することで、望んでいるものが手に入るかもしれない。

一方で、努力しても、望んでいるものが手に入らない可能性もある。

つまり、絶望と希望を両方とも持ち合わせているのです。

そのなかで、我々はどう生きていったらいいのか?

ポイント
期待しないけど、諦めない。半分諦めて生きる。

 

どんなに未来は不確かなものであっても、希望は捨てない。

絶望と希望を両方持ち合わせて生きる。

何とも複雑ですが、それが現実的な生き方といえます。

生きる意味がわからない人生をどう生きるか?

生きる意味と役割

人は意味のないことをしたくない。

自分の行いが意味あるものにしたい。自分の人生を意味あるものにしたい。

だから、生きている意味がわからない時、

人は苦しむのです。

生きる活力が沸かないのです。

頑張れないのです。

ポイント
生きる活力を取り戻す為には、「私はコレをする為に生きているんだ」という使命感や役割を見つけること。

 

不思議なことに、人は役割を与えられると、元気が出るものです。

・この人生における私の役割は何だろうか?

・世界は私に何を期待しているのだろうか?

そんな問いかけを、自分にしてみてほしい。

人生はすべて遊び

生きる意味や、人生における自分の役割、それがわからない人も多いでしょう。

では、こう考えてみるのはどうでしょう?

ポイント
私たちは、地球に遊びに来た!

 

ロールプレイングゲームを考えてください。

主人公はレベル1から始まって、敵と戦いながら、レベルアップしていく。

途中で体力がなくなったら、回復アイテムを使う。

仲間を増やして、最終ボスを倒す。

それがゲームだ。

人生も似たようなもの。

赤ちゃんとして生まれて、仲間を増やしながら大人になる。

疲れたら休んで体力を回復させる。

嫌な事、思い通りにならないこともあるけど、それでも前に進む。

人生という旅のゴールテープは、人それぞれ違う。

でも、最後のゴールに向かって、人は生きる。

つまり、

人生は壮大なゲームだ。

私たちは、「地球にゲームをする為に、遊びに来ている」と考えてもいいのではないか。

楽しいこともあれば、苦しいこともある。

いや、苦しいことのほうが多いという人もいるでしょう。

でも、それすらゲームだという見方もできる。

それなら、人生というゲームを大いに楽しもうじゃないか。

まとめ

  1. 人生は思い通りにならない
  2. 人生は孤独だ
  3. 自分も他人も、人の気持ちは変わる
  4. 人と分かり合えない

このような前提を踏まえて、思い通りにならない孤独な人生をどう生きるか?

<思い通りにならない人生を生き抜く4つの心得>

①自分を愛し、目の前の人を大切にすることで、小さな愛を感じる。

②絶望と希望を両方とも抱えて生きる。

思い通りにならないけど、希望は捨てない。そんな生き方。

③「私はコレをする為に生きているんだ」という使命感や役割を見つけること。

④人生は壮大なゲームと考えて、苦しいことも楽しいことも含めて、大いに遊ぼう。

常に前向きで明るい自分でいることは現実的に無理です。

苦しいことも、楽しいことも両方を味わいながら、人生というゲームをやり進めて、自分だけのゴールに向かって、走りきろう!!


<参考文献>

あきらめる練習

人生を半分あきらめて生きる


心の悩み専門LINE@ 心が軽くなるプレゼント進呈

【LINE@登録プレゼント】

LINE@にお友達登録して頂いた方に、感謝の気持ちを込めて、特別な3つの動画をプレゼントいたします。

【特典動画①
①超簡単!一瞬で辛い気持ちが落ち着く身体のツボ

【特典動画②】
②たったこれだけ!うつや不安が楽になる3つの質問

【特典動画③】
③悩みから抜け出し、自分を取り戻す究極の質問

友だち追加

友達登録URL
https://line.me/R/ti/p/%40sfw6418p

ID検索⇒【@sfw6418p】@マークを忘れずに。

このLINE@では
「他人の目を気にせず、楽に生きる秘訣」
というテーマで

・ブログの最新更新
・お役立ち情報
・キャンペーンのお知らせ
・無料イベントの案内

等々、お届けいたします。

・他人の目が気になる
・責められてる感じがする
・嫌われてる気がする
・ダメな奴と思われてる気がする
・人と仲良くなりたい
・楽しく普通に会話がしたい
・もっと楽に毎日を過ごしたい

このような方は、お気軽にご登録ください。

LINE@に友だち追加する

他人の目が気になる人へ
最新情報、無料イベントのお知らせ等
他人の目が気になる人へ
最新情報やお得な割引のご案内