生きるのがしんどい人向け

嫌いな人が気にならなくなる練習の仕方

人が嫌いというお悩み>

  • 人と話していても楽しくないし、疲れる
  • 職場で嫌いな人がいる
  • 人が信じられない
  • でも、一人は寂しい、虚しい

これから何十年と生きていく上で、人が嫌いだと、生きていくこと自体が辛く苦しいものになります。

一人では生きていけないし、一人で幸せを感じることはできません。

心をオープンにして、信頼できる人と、喜びや苦しみも分かち合うからこそ、人生は充実したものになるのです。

この記事では、人嫌いの人が、どのようにして、人と楽に関われるのかを、心理カウンセラーの立場からご紹介します。

この記事を読むことで、人嫌いを克服する具体的な方法がわかり、日常で意識しながら取り組むことで、人と楽に関わることができるでしょう。

人が嫌いというお悩み

そもそも、なぜ人が嫌いなのでしょうか?

  • 親に否定されて、親が嫌い
  • 学校でいじめられて、友達が嫌い
  • 恋人には浮気され、恋人が信用できない
  • 失恋続きで、恋愛に希望が持てない
  • 職場で上司に怒られる

このようなことがあれば、人を信じられなくなったり、人が嫌いになっても無理はないでしょう。

  • 誰にも心を開けない
  • 友達も恋人もいない
  • 会社や家でも居場所がない

人が嫌いという悩みに伴うこと、それは、

・一人ぼっちで寂しい

・将来に希望が持てない

いくら人が嫌いと言っても、やっぱり、友達も欲しいし、恋人も欲しい、結婚もしたいというのが本音ではないでしょうか。

孤独というのは、とても辛いものです。そして、その孤独な状態がこれからも続くと思うと、何のために生きているのかわからなくなってしまいます。

今後生きていく上で、人が嫌いというのは、どう考えてもプラスにならない。

従って、幸せに生きていく為には、「人が嫌い、人を信じられない」という悩みを解決する必要があります。

まずは、なぜ人が嫌いなのか。心理カウンセリングの視点から、その根本原因をみていきましょう。

人が嫌いになる根本原因

人が嫌いという時、親・友達・恋人・上司・同僚あらゆる場面で嫌いになることが多いのではないでしょうか。

  • 親に否定され、怒られて育った
  • 今でも親が口うるさい
  • 学校でいじめられた
  • 恋人には浮気されたり、大事にされなかった
  • 失恋続きで、恋愛に希望が持てない
  • 会社でも怒られたり、同僚と馴染めない

こういった日常の積み重ねによって人が嫌いになる訳ですが、元をたどると、やっぱり子供の頃の親子関係の影響が大きいのです。

親に否定されて、怒られたり、見捨てられる経験をすると、

親は自分のことをわかってくれない!

このように潜在意識に刷り込まれるのです。

自分の思ったことを言っても、受け入れてもらえないし、怒られて、傷つくだけ。

その結果、自分の本心を言わなくなる。

そして、親以外の他人にも、自分の本心を言わないから、いじめのターゲットになりやすいのです。

恋愛においては、満たされない心を相手に満たしてもらおうとするから、相手にしつこくなる。支配的になる。

あるいは、見捨てられたくないから、我慢して相手の機嫌をとろうとする。すると、主導権を握られ、大切にされない。

本心を言わないから、大切にされないのです。

何を考えているかわからない人は、大切にされにくいのです。(もちろん、心優しい人は大切に接してくれますが)

そして、人が嫌いという悪循環に陥ってしまうのです。

【傷つくのが怖い→本心を言わない→大切に扱われない→人が嫌い】

次以降の項目で、この悪循環から抜け出す方法について、ご紹介します。

嫌いな人が気にならなくなる方法

会社で働いていると、職場に必ず一人や二人は嫌いな人がいるものです。

  • 相手が~してくる
  • 相手が~してくれない
  • 見ててイライラする

カウンセリングの場面で、「どうしたいですか?」「どうなったら理想的ですか?」

すると、

「“相手の言動が気にならない”ようになりたい」

このように言われることがよくあります。

「相手の言動が気にならない」ってどういうこと?

と、さらに詳しくカウンセリングしていくと、次のように言われます。

「素の自分で安心して本音が言えたら、相手の言動が気にならない」と。

そうなんです。

相手の言動が気にならなくなるには、本音を言う必要があるのです。

考え方や受け取り方を変えるだけでは、不十分なのです。

相手の気持ちを理解するだけでは、不十分なのです。

キャッチボールで例えると、相手のコントロールが良くないから、一生懸命取ろうとしているようなもの。

そして、「自分の受け止める技術が上がれば、相手のコントロールの悪さが気にならないはずだ」と思い込もうとしているようなものです。

自分の受け止める技術も必要ですが、そもそも「もっとコントロールよく投げてくれ」と、相手に伝えることが必要なのです。

そしたら、相手もコントロール良く投げようと意識してくれるようになるはずです。

本心を伝えると、相手の態度が変わる

本心を伝えることで、相手の態度が変わることがよくあります。

さて、ここで問題です。

次のAさんとBさんとでは、どちらのほうが、いじめのターゲットになりやすいでしょうか?

Aさん「おとなしくて、何を考えているか分からない」

Bさん「自分の意見をハッキリ言って、意思表示をする」

上司や先輩はどちらのほうを、いじめやすいと思いますか?

 

答えは、どちらとも言えません(~_~;)スミマセン

 

なぜなら、Aさんのように本心を言わないから、いじめられやすいこともあります。逆に、Bさんのように自分の意見をハッキリ言うことで、いじめられることもあるでしょう。

何が言いたいかというと、本心を言うことは大事なんですが、闇雲に本心を伝えるだけでは不十分だということです。

では、本心を伝えるときに、どうしたらいいか。

次の2つを参考にしてみてください。

  1. 相手の気持ちを尊重しながら、自分の本心を伝える。
  2. 自分のことを認めてくれる人に、自分の本心を伝える。

自分の言いたいことだけ言うのではなく、相手のことも大切にしながら、本心を伝える。

あるいは、そもそも、話し合いにならない人に本心を伝えても、わかってもらえないので、自分のことを認めてくれる人に、本心を伝える。

特に前者、相手の気持ちを尊重しながら、自分の本心を伝えることで、相手の態度や言動が変わってくることがよくあります。

後者は、本心を言える自分になるという意味では、人によってはこちらのほうが適切な場合もあります。

いずれにしても、どのようなやり方でも、何かしらアクションを起こして、自分の気持ちや意見を表現することで、相手との関係性は変わってきます。

役割や境界線をハッキリさせる

嫌な人のことが気にならなくなる為の方法として、もう一つご紹介します。

それは、役割や境界線をハッキリさせることです。

  • 何でもかんでも押し付けてくる人
  • 嫌味を言う人

仕事をしていると、どこの会社でもこのような人がいることでしょう。

仕事とは、与えられた役割を全うすること。

嫌な人のご機嫌を取る為に働いている訳じゃないし、嫌な人に振り回される為に働いている訳じゃない。

嫌いな人のご機嫌を取ることが仕事ではないはずです。あなたの仕事は何ですか?

それでも仕事に集中できない時は、事実と主観を分けることです。

  • 「何回同じこと言わすの!いい加減、仕事覚えて!」
  • 「何やってんの!?ホント使えない人ね!」

このように言われることがあるかもしれません。それは事実ですか?主観ですか?どちらですか?

例えば、職場のAさんが、このように言っているとしましょう。

  • Aさんがそう思っているだけ!
  • Aさんが怒っているだけ!

それは事実ではなく、Aさんの主観です。

したがって、Aさんの言葉(主観)を真に受けないことです。

「Aさん、あなたは私に怒っているのね」

このように、ちょっと客観的に描写してみることで、必要以上に自分を責めなくて済みます。

「Aさんが私に怒っているのは、私の問題ではなく、Aさんの問題だ」と境界線をハッキリ引くことも役立ちます。

怒られている最中というのは、頭が真っ白になるかもしれませんが、その後もAさんの言葉を引きずる時は、「Aさんは私のことで怒っていたんだな」と冷静に考えてみてください。

人間不信を治す方法

人間不信は、

他人を信じられる vs 信じられない

この2つにおいて、他人を信じられないような経験を沢山してきたからでしょう。

だから、人が嫌いということは、嫌いになるような出来事がたくさんあったはずです。

その出来事に対しての感情を吐き出すことが必要です。

未完了の感情処理

人が嫌いなのは、

  • 過去に自分のことをわかってもらえなかったから。
  • 過去に傷つけられたから。
  • 過去に否定され続けたから。
  • 過去に見捨てられそうになったから。

その時の過去の感情を消化する必要があるのです。消化しないと、心の中にずっと人が嫌いという思いが残ってしまうのです。

個人的な話ですが、私は犬が怖いのです。

子供の頃、犬に追いかけられて、嚙まれたことが一度あります。それ以来、30年たった今でも犬が怖いのです。犬に心をオープンにすることは到底できません。しかも、どんな犬に対してもです。

その時、嚙まれた特定の犬ではなく、全然知らない犬も同じように怖いのです。

同じように、人が嫌いな人は、親が怖かった、親が嫌いだった。だから、親に心をオープンにできないし、親以外にも、他人に対しても心をオープンにできない。そして、人が嫌いなのです。

日常生活の中で、犬嫌いで困ることはありませんが、人嫌いだと、とても困りますよね。

人間不信を克服する最初のステップとして、子供の頃に親から受けた、傷ついた感情や悲しかった思いを、吐き出すことです。

親に言いたかったこと、してほしかったことなど、当時の感情を洗いざらい紙に書きだすのもいいでしょう。

過去の感情をスッキリ完了させないと、次のステップに行くことができないのです。

有り難いことを思い出す

人間不信の人は、どうしても人のマイナス面に注目してしまいがちです。

従って、他人を信じられるような経験を思い出すことが役立ちます。

・この人は優しかったという人を思い出してください。

・誰かに自分が大切にされた経験を思い出してください。

・他人にしてもらって、有り難かったことを思い出してください。

世の中、捨てたもんじゃないはずです。

次に、人間について理解を深めましょう。

人間には光の部分もあれば、闇の部分があるのです。完全に善人もいなければ、完全に悪人もいないのです。

素敵な部分もあれば、嫌だなと思う部分も両方あるのです。もちろん、その割合は人によって違います。

人間不信の人は、人の嫌な部分に意識をフォーカスしすぎているのです。もしくは、関わる人を間違えているのです。

孤独感や寂しさとの向き合い方

人間不信で、誰にも心を開けず、一人ぼっちで孤独感や寂しさを感じることもあるでしょう。友達や恋人が欲しいと思うこともあるでしょう。

私たちは孤独に耐えることが難しい生き物なのです。

しかし、孤独を感じることが決して悪いわけではないのです。

なぜなら、

孤独を感じるからこそ、人と関わりたいと思うし。

孤独を感じるから、人の有難みがわかるのです。

だから、少し厳しい言い方かもしれませんが、そもそも孤独感や寂しさを乗り越える必要がないのです。

車が走る為には、ガソリンが必要です。私たち人間が幸せを感じる為には、孤独感や寂しさが必要なのです。

あぁ、わたしは一人なんだ。

と、実感することは、寂しいことではあるけれど、とても自然なことでもあるのです。

まとめ

人が嫌いなのは、過去に良い思い出がないからです。虐待やいじめなどを受けていれば尚更のことです。

しかし、人が嫌いだという一方で、やっぱり

  • 人と関わりたい
  • 人を好きになりたい
  • 人と分かち合いたい
  • 自分のことを分かってもらいたい
  • もっと楽に生きたい

このような思いもあることでしょう。

人が嫌いということは、人に対してマイナス面しか見えていないということ。

もちろん、人間だから、プラスの面もあれば、マイナスな側面もことも事実。

マイナス面しか見えていないということは、プラスの面に気づく原動力になります。そして、それが人生を豊かにしていくのです。

人が嫌いというお悩みを抱えたあなたが、これから人の良い面に気づき、有難みを感じたり、嬉しさや楽しさを一緒に分かち合える体験をすることで、さらに成長していかれることを願っています。


心の悩み専門LINE公式で無料プレゼント

【LINE登録プレゼント】

LINE公式にお友達登録して頂いた方に、感謝の気持ちを込めて、特別な3つの動画をプレゼントいたします。

【特典動画①
①超簡単!一瞬で辛い気持ちが落ち着く身体のツボ

【特典動画②】
②たったこれだけ!うつや不安が楽になる3つの質問

【特典動画③】
③悩みから抜け出し、自分を取り戻す究極の質問

友だち追加

友達登録URL
https://line.me/R/ti/p/%40sfw6418p

ID検索⇒【@sfw6418p】@マークを忘れずに。

このLINEでは
「他人の目を気にせず、楽に生きる秘訣」
というテーマで

・ブログの最新更新
・お役立ち情報
・キャンペーンのお知らせ
・無料イベントの案内

等々、お届けいたします。

・他人の目が気になる
・責められてる感じがする
・嫌われてる気がする
・ダメな奴と思われてる気がする
・人と仲良くなりたい
・楽しく普通に会話がしたい
・もっと楽に毎日を過ごしたい

このような方は、お気軽にご登録ください。

LINE@に友だち追加する

他人の目が気になる人へ
最新情報、無料イベントのお知らせ等
他人の目が気になる人へ
最新情報やお得な割引のご案内