生きるのがしんどい人向け

「生きてても仕方ない」と思う時に読むべき4つの対処法

A さん

生きてても仕方ない。。。

 

  • 友達いない、恋人いない
  • 好きな人に愛されない
  • やりたいことがない
  • 転職活動で自信がない
  • 就職が決まらない
  • うつ病を患っている
  • 働くのが怖い
  • 周囲に迷惑をかけている自分が嫌

生きてても仕方ないと思う時は、生きるエネルギーが非常に低下している状態と言えます。

まず自分は生きるエネルギーと取り戻すことが先決です。

この記事では、自分のエネルギーを取り戻す為の、心の持ち方や対処法などを4つご紹介します。

生きてても仕方ない人の共通点

自分を責める

  • 特技や能力がない自分
  • 仕事で失敗してしまう自分
  • 人間関係でコミュニケーションが苦手な自分
  • 容姿に自信がない自分
  • 一人ぼっちで孤独な自分

何もかもうまくいかないとき、「こんな自分が嫌」と自分を責めてしまいます。

人から良い評価をされるのは気分がいいもの。しかし、人から悪い評価、低い評価をされるのは辛いもの。

人からもっと評価されたいし、仕事も恋愛もうまくいって幸せになりたい、でも現実の自分はそれを実現できない。

生きてても仕方ないという時は、必ずと言っていいほど、この自己否定があります。

貢献感がない

生きてても仕方ないという時、貢献感がない。つまり、人の役に立っているという感覚がないのです。

  • 親に迷惑を掛けている
  • 誰の役にも立っていない感じがする
  • 仕事のノルマを達成できず、会社の役に立っていない

人は誰かの役に立つことで、生きている価値を見出すものです。

人の役に立っている感覚がない時、自分が生きている価値がわからなくなります。

本当に役に立っていないのか?という事実確認をすることが必要です。

あるいは、「役に立たないといけない」という思い込みが、自分を苦しめているので「役に立たってもいいし、役に立たなくてもいい」というように、思い込みを変えることで、気持ちが楽になります。

「人の役に立たないといけない」って誰が決めた?

恋人・友人がいない

生きてても仕方ないという時は、恋人や友人がいない。

あるいは、恋人や友人がいても関係がうまくいっていなかったり、本音を言い合えていない。分かり合えていない。

一人ぼっちな孤独感を感じるとき、生きるエネルギーが沸いてきません。孤独感というのは、砂漠に一人でいるようなもの。

それは絶望感のように感じるかもしれません。恋人や友人というのは、生きていく上でそのくらい大きな存在なのです。

「自分のことわかってほしい」これは根本的な強い欲求です。それが満たされないのだから、活力が沸きません。

雇用が不安定/経済的不安がある

生きてても仕方ないと思う時、雇用が不安定なことが挙げられます。

・就職活動、転職活動をしているが採用されない

・体調を考慮して、パート、アルバイト、派遣社員として働いて生活をしている

・貯金ができなくて、生活に不安がある

基本的な話ですが、生きていく為には、働いてお金を稼ぐ必要があります。

雇用が不安定で、経済的に不安があれば、生きていくことに不安があります。生きていけるかどうかという根本的な不安。

ところが、うつ病などで働けないと、フルタイムで働けないという葛藤があるかもしれません。

いかに、ストレスを溜めない生き方をして、人間関係を良好なものにし、自分に合った仕事ができるかが大事なポイントになります。

楽しみがない

生きてても楽しくないと思うのは、楽しみがないから。

  • 自分が嫌
  • 人の役に立っていない
  • 恋人も友人もいなくて孤独
  • 雇用が不安定で、経済的にも不安を抱えている

楽しみがないのは、当然と言えば当然と言える状況。

日常生活を楽しむ余裕はないと言ってもいいかもしれません。

とはいえ、楽しみがあれば前に進めるものです。そういう意味で、いかに楽しみを見つけられるかが楽に生きるポイントになります。

将来の見通しが立たない

あと何か月後に恋人ができるってわかっていれば、頑張れる。

あと何社の面接を受ければ、採用されるとわかっていれば、頑張れる。

ところが、将来のことなんて、わからない。だから、この先もずっとうまくいかないんじゃないか。

「今まで辛いことばかりだったから、この先将来も辛いに決まってる」と将来に悲観的になりがちです。

だからこそ、生きてても仕方ないと思ってしまうのでしょう。

生きてても仕方ないと思う時の4つの対処法

①自分を責めるな!

どんなことがあっても、絶対に自分を責めないで!

全力で自分が悪くない理由を探せ!!!

自分が悪い理由ばかりに目を向けがちですが、他人や社会の責任、他人や社会のせいでうまくいかないこともあるはずです。

声を大にして「私は悪くない!」と言いましょう。

・仕事で失敗した→誰でも失敗する、向いてない仕事をしているだけ、慣れてないから失敗するのは当然、

・容姿に自信がない→生まれ持ったものだから諦める、服装や髪型を変えて雰囲気を変えてみる、

・就職先が決まらない→お前らは俺の魅力をわかってない、自分に合う会社は別にある、

・一生独身かもしれない→こればっかりは、わからない!!将来のことはわからない、それが事実!!

②味方を作れ/敵は無視

就職が決まらい時に、親が「早く仕事探しなさい」とか言ってくるかもしれない。「あなたのこと心配してるのよ」とか言ってくかもしれない。

恋人も友人もいない。

孤独感は生きるエネルギーを低下させます。

一人でもいいから、自分の味方を作れ!!

自分の味方とは、辛い気持ちをわかってくれる人です。

<自分の味方の作り方>

①既存の人間関係から探す

・自分の話を聞いてくれそうな人を探す、思い出す

・心をオープンにして、自分から話しかける

②新しい人間関係を作る

・趣味の活動、交流会に参加してみる

・お金を払ってでも、カウンセラーに話を聴いてもらう

味方を作ることが非常に大事なので、お金を払ってでも、気持ちをわかってくれる人を作ろう。

③就職先が決まらない時の心の持ち方

面接で落ちるのは、あなたのせいじゃない。

✖『断られる=自分に価値がない』

これは間違いです!

会社採用基準、タイミング、競争相手、色んな事が加味されて不採用になるので、「自分がダメだから」と思い込むのは、思い込みでしかない。

自分がダメだから不採用になるというのは、事実ではない。

何十社と不採用になると、落ち込むかもしれないが、休憩しながらでも、諦めないで欲しい!!

④些細な楽しみを作る

どんなに辛い状況でも、ほんの些細な楽しみがあれば、苦しみに耐えられる。

  • お酒を飲む
  • ユーチューブを観る
  • ゲームをする
  • マンガを読む
  • 好きなアイドルのDVDを観る
  • 好きな音楽を聴く

大きな楽しみは作る必要はないので、自分の中で、これをしているとちょっとでも気持ちが楽になることを見つけて、それを大切にしましょう!

まとめ

この記事で述べてきたこと

  1. 自分を責めない
  2. 味方を作る
  3. 就職を諦めない
  4. 些細な楽しみを作る

気持ちが楽になるには、自分で自分を救うしかない。

心理カウンセラーは、自分で自分を救うためのサポートはできるので、本当に必要ならカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?


・コミュニケーションが怖い(会話が止まる、他人の目が気になる、悪く思われるのが怖い、会話が弾まない)。このようにお悩みの方におススメの記事

生きるのが辛い時を乗り越える唯一の方法

・生きる意味、生きる価値がわからずに苦しい人におススメの記事

生きるのに疲れた時、人生に希望が持てる心の処方箋


心の悩み専門LINE@ 心が軽くなるプレゼント進呈

【LINE@登録プレゼント】

LINE@にお友達登録して頂いた方に、感謝の気持ちを込めて、特別な3つの動画をプレゼントいたします。

【特典動画①
①超簡単!一瞬で辛い気持ちが落ち着く身体のツボ

【特典動画②】
②たったこれだけ!うつや不安が楽になる3つの質問

【特典動画③】
③悩みから抜け出し、自分を取り戻す究極の質問

友だち追加

友達登録URL
https://line.me/R/ti/p/%40sfw6418p

ID検索⇒【@sfw6418p】@マークを忘れずに。

このLINE@では
「他人の目を気にせず、楽に生きる秘訣」
というテーマで

・ブログの最新更新
・お役立ち情報
・キャンペーンのお知らせ
・無料イベントの案内

等々、お届けいたします。

・他人の目が気になる
・責められてる感じがする
・嫌われてる気がする
・ダメな奴と思われてる気がする
・人と仲良くなりたい
・楽しく普通に会話がしたい
・もっと楽に毎日を過ごしたい

このような方は、お気軽にご登録ください。

LINE@に友だち追加する

他人の目が気になる人へ
最新情報、無料イベントのお知らせ等
他人の目が気になる人へ
最新情報やお得な割引のご案内